話そうよ。マタニティ、トコちゃんベルト、モーブラ、ミサトっ子ぞうり、何でも!

妊婦さんや子育てママたちに、トコちゃんベルト、モーブラ、ミサトっ子ぞうりなど、口コミで人気の商品を紹介する、ハッピーマタニティ通販とママ・チョイス特撰ショップ。お客様担当は、私、みんなのケロヨンです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康はきもの通販でポイント還元中!

こんにちは ケロヨンです。
3/11の地震以来、余震、原発、お水のことと、次々と心配事が山積みです。
お水については妊娠中や、授乳中、子育て中のママの一番の心配事だと思います。
1日も早く安心して生活ができる日が来ることを願うばかりです。

さて。
今朝TVで、被災地にて中学3年生の卒業式の話題を取り上げていました。
震災前に作成してあった卒業証書は全て流されてしまったから、
卒業式は5月頃に行う予定だったそうです。

ですが、教育委員会が新しい卒業証書を作成し、
先生方が生徒の名前を入れて、完成させ、3月中に渡すことができたそうです。
朝から感動の涙涙でした。

ただ、中学3年生の今の悩みは、「高校の制服間に合うのかなぁ」ということ。

確かに、入学式や新学期には新たな気持ちで晴れの門出を歩みたいですよね。

東京のメーカーが力を合わせて、すべての子ども達の制服を間に合わせます!!と
うれしい一言。
日本もすてたもんじゃないなぁ~。とうるうるしまくりでした。

新しい門出といったら、足下も是非輝いてほしいです。

健康はきもの通販で販売しているJESシューズの上履きは

子どもの足の形、動きなどを研究して作られた上履きだから
健康によく、子どもにとって「履きやすい」んです。
特に幼児~小学生は、足の成長が著しく、運動機能や歩行機能を神経が覚える大切な時期。
だから、靴選びはとても重要です。


まだ履いたことのないお子さまには、是非一度試してほしい1品です。


只今、「健康はきもの通販」ではポイント還元中です。
是非、会員になって、ポイントゲットしてください。

もちろん、上履きだけではありません。
全品対象です!

今日中にご注文頂くと7倍つきますよぉ~。

■■■全品ポイントセール■■■

 先週スタートしました。継続中です!

 3/21(月・祝)まで ポイント10倍 (終了)
 3/22~24(木) ポイント7倍
 3/25~28(月) ポイント5倍



↓JESシューズの上履きはこちらから↓
http://www.hakimono.info/fs/kenkou/uwabaki/gd6
スポンサーサイト

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

1週間で何時間上履き履いてるとおもいます!?

こんにちは ケロヨンです。

3/11の東北地方太平洋沖地震から、11日が経とうとしています。
震災により、 亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様、
そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。

TVやラジオで「今自分に何ができるか?」という問いが耳に入ってきます。
寄付、ボランティア、節電、買いだめをしない・・・
今だけじゃなく、ずっとずっと自分が出来る事、続けていきたいですね。

ママ・チョイスも3/11~今月末までにみなさんよりご購入いただいた商品代金の一部を、
義援金として日本赤十字社に送らせていただきます。


健康はきもの通販」からおしらせ・・・・
★みなさん、こんなこと考えたことありますか?

  1日24時間。10時間の睡眠をとるとして、起きている時間は14時間。
  学校へ行っている時間は約7~8時間としたら、起きている時間の約半分くらいは
  "上履きの御世話"になっているということになります。

  1週間で53時間前後=約2日以上。は上履きを履き続けていることになるんです。


  JESショーズは、とにかく履きやすい!
  それは、子どもの足や体の動き、子どの健康をよーーく研究して作られた靴だからです。
     >> http://www.hakimono.info/fs/kenkou/uwabaki/gd6

  特に幼児~小学生は、足の成長が著しく、運動機能や歩行機能を神経が覚える大切な時期。
  だから、靴選びはとても重要です。

  足に合わない小さな靴や大きすぎる靴、先の細い靴
  足ゆびをよく使うことができない形状の靴を履いていると


    ○外反母趾 ○足ゆびの変形 ○爪の痛み  などが起きることがあります。


  値段だけで選んでいると、靴の大事な条件を見過ごしてしまいますよ。

      
  子どもは正直です。始業式の日、おうちに帰ったら聞いてみてください。
  どうだった? と。きっと答えは


     「履きやすい!」

“まだお試しでない皆様は、ぜひ一度おためしあれ”
     >> http://www.hakimono.info/fs/kenkou/uwabaki/gd6  

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

「誕生学」 byバースコーディネーター・大葉ナナコさん

今朝、娘が通う中学校で

大葉ナナコさんをむかえて「誕生学」の講話を学生と一緒に聞いてきました。

会場にはいると、お隣に座っていた保護者の方の会話が聞こえてきました。

「去年も聞いたの。この先生話がおもしろいのよ。子どもにも聞かせてあげればいいのにって......思ってたんだ~。」

と、ますます私も楽しみになりました。


大葉ナナコさんのお話しは確かに聞きやすく、引きつけます。
忘れかけていたもう十数年も前の出産のことを、鮮明に思い出させてくれました。

.......あの日は6月なのに夏日で、暑かった事。
.......なかなか赤ちゃんが出てきてくれなくって、早く出ておいで~って思いながら出産していたこと。
.......でももうすぐ会える喜びでがんばれたこと。
.......産まれてすぐって、頭がパイナップルみたいに長くてビックリした。
.......と自分の両親に出産の報告をしていたパパのこと。


生まれ出てきたときのあの感動といったら言葉じゃ言いあらわせないです。

ここでひとつ
いろいろあったお話しの中で、一番印象に残ったお話しを書きます。

・・・実は一番ショッキングだったお話しです。

昔、昔、ある国の王様が実験をしたそうです。
赤ちゃんにミルクは与えて、おむつも取り替えます。

ただ、産まれてから一度もあやしてあげなかったり、抱っこをしなかったり、泣いてもほおって置いたら赤ちゃんはどうなるか・・・。

結果は、悲しいことに1才になるまえにみんな死んでしまったというんです。

何が赤ちゃんを死に至らしめてしまったのか・・・

ママの愛情が赤ちゃんの生きるちからを育てていたんです。
大きくなるために栄養を与えていればいいというものではないんですね。
ママに抱かれている、ママからおっぱいを貰っている、ママが微笑む。
こういうことが赤ちゃんには愛情として、伝わるんです。


「うまれる」という映画も数分流してくれました。ななこさんが監修した映画です。
たった数分の映像でも、出産シーンはやはり感動します。学校の体育館だということを忘れてボロボロ涙が出ました。

かかわりあう"いのち"の大切さを感じることができた1時間でした。

     最後に、ナナコさんが学生達の前で

"うまれてきてくれてありがとう"
     といって講演を終えていました。

     この言葉、実は、家庭に持ち帰って、親御さんたちが子ども達にいってあげてほしい一言ですよね。

"産んでくれてありがとう"
     って思ってもらえる育児、教育をしていけたら、みんな愛情につつまれて、自分も大切に、相手も思いやり、
     戦争だって起きない世の中になるんだろうな.....


    今の私に出来る"愛"は....。
    愛情いっぱい詰まった夕食をつくるぞ~!!ってことくらいかな。



大葉ナナコさんプロフィール
●略歴
バースコーディネーター/有限会社バースセンス研究所代表取締役、一般社団法人日本誕生学協会 代表理事、へルスカウンセリング学会会員。
官公省庁の委員や、大学や学会での調査研究にも従事。行政民間での研修講師、講演、執筆、テレビ番組の出産シーン監修などで活躍中。21歳大学生から7歳小学2年まで2男3女の母。


●経歴
東京都出身。中学、高校、短大と8年間美術教育を受け、1985年、女子美術大学短期大学部生活デザイン科卒業。
1987年に自然出産や母乳育児を経験し、女性のボディ・システムやいのちをつなぐ優れたデザイン性に感動。
受講した出産準備教育の分野や産後のライフデザイン、ストレスマネジメントに関心を持つ。
専門職の必要性を感じ、テレビ番組や出版分野で出産・育児の情報コーディネイターをしながら、国内外で妊娠・出産の生理や心身のサポート、出産準備教育、カウンセリングやボディワーク、通信制大学で心理学や社会学、教育学などを学ぶ。


1997年より、妊娠前でもカップルでも学べる講座を助産師と開講。
桜美林大学オープンカレッジ、毎日新聞カルチャーシティなどで好評を博す。
2003年有限会社バースセンス研究所を設立。産前産後の生涯学習、パートナーシップ支援、女性の心身に優しく豊かな出産を実現するための調査・研究・講座運営・出版・後任の育成を開始。
世代別の優しい出産の学習プログラムを生み出し「誕生学」(商標登録)と名づける。
2005年、有限責任中間法人 日本誕生学協会を設立。次世代の娠娠出産育児を豊かにするべく、助産師、産科医、学識者や保護者たちと協働し、次世代支援者「誕生学アドバイザー」育成を開始。親子のエンパワーメント活動を開始する。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。